カテゴリー: コロナニュース

コロナ対策関連ニュース

新型コロナウイルス感染者発生について

2021年8月3日

新型コロナウイルス感染者発生について

 

1.本校学生1名の新型コロナウイルス感染者が確認されました。

2. 学内での感染ではありません。学内での濃厚接触者はありません。保健所と確認をしております。

3. 今後も保健所等関係機関と連携を図りながら、全学的に感染拡大防止に取り組んでまいります。

4. 感染者の個人情報保護および人権尊重にご理解ご協力をお願いいたします。

新型コロナウイルス感染者発生について

新型コロナウイルス感染者発生について

  1. 本校学生2名、講師1名の新型コロナウイルス感染者が確認されました。
  2. 学内での感染ではありません。学内での濃厚接触者はありません。保健所と確認をしております。
  3. 今後も保健所等関係機関と連携を図りながら、全学的に感染拡大防止に取り組んでまいります。
  4. 感染者の個人情報保護および人権尊重にご理解ご協力をお願いいたします。

緊急事態宣言延長にともなうオンライン授業の延長について

2021年5月29日

エール学園教職員及び在校生の皆様へ

エール学園 校長 萩原 大作

緊急事態宣言延長にともなうオンライン授業の延長についてのお知らせ

この度、政府から大阪府に対して発令されました緊急事態宣言が6月20日まで再延長されました。大阪府下では新規感染者数も未だ多い状況が続いています。このような状況を鑑みて、現在実施しています全面オンライン授業を6月20日まで延長することといたします。証明書の発行、進路の個別面談等の来校はこれまでとおり可能とすることとしますが、十分な感染対策に協力をよろしくお願いします。

学生の皆さんにおいては、不要不急の外出を避け、会食やイベント等への参加を自粛するなど、規律をもって行動されることを切に望みます。

なお、今後の対面授業の再開については、緊急事態宣言の解除があったのちに、監督官庁の指導、大阪府下での感染状況、本校の教職員・学生の感染の状況等を総合的に判断して決定することとします。宣言解除後も教職員、学生が出席に混乱をしないよう十分な準備期間をもって再開することとしますので、ご理解いただくようお願いします。

以上

新型コロナウイルス感染者発生について(5月11日~20日)

  1. 5月11日(火)1名 本校学生の新型コロナウイルス感染者が確認されました。
  2. 学内での感染ではありません。学内での濃厚接触者はありません。保健所と確認をしております。
  3. 今後も保健所等関係機関と連携を図りながら、全学的に感染拡大防止に取り組んでまいります。
  4. 感染者の個人情報保護および人権尊重にご理解ご協力をお願いいたします。

コロナウイルス感染防止のための日常生活についての注意事項

コロナウイルス感染防止のための日常生活についての注意事項

 

①十分な栄養と睡眠をとって、毎日体温測定をして、健康管理に注意してください。マスク着用、手の消毒・手洗いをしっかりとお願いします。

②コロナ感染の疑いや濃厚接触があった場合は、保健所に連絡し、その指示に従ってください。また必ず学校へ連絡をしてその指示に従ってください。

③食事、会食についての注意

・宴会や飲み会は止めてください。誘われても断ってください。

・公園、路上でも集団の飲酒は禁止します。

・数名でも飲食しながらの会話は避けてください。「マスク飲食」をお願いします。

( 食べるときだけマスクを外し、会話の時はマスク着用)

・ 箸やコップは使い回わさず、一人ひとり専用のものを使ってください。

・ 座の配置は斜め向かいにしてください。( 正面や真横はなるべく避ける)

 

④アルバイトについての注意

・アルバイト先ではかならずマスクを着用してください。

・休憩時の食事について会話せず「マスク飲食」をお願いします。

・三密は避けてください。(密閉・密集・密着)。作業場所の換気、人との距離に自分から注意してください。

・万が一コロナ感染した場合は、アルバイト先にも必ず連絡をすること。学校にもそのことを報告してください。

 

⑤同居人がいる住居での注意

・同居人と感染防止について話し合い相互に注意喚起をしてください。具体的には以下のことを話し合ってください。

 ・同居の形に応じて共同場所を十分な換気をする。清潔にする。消毒をする。

  例)台所利用後の消毒 トイレの消毒など

 ・毎日の検温をし、報告しあう。

 ・体調不良や風邪に似た症状が出た場合は、自宅でも皆がマスクを着用する。

 ・同居人それぞれがコロナ対策をしっかりし、それぞれの日常の行動について注意しあう。

  例)同居人が宴会に行くと言ったら、止めてください。

・タオルの共有や 回し飲み等は禁止です。
・体調が悪い人は、一人で食事をしてください。  

・ゴミは密閉して捨てましょう。

( 鼻をかんだティッシュなどにもウイルスがついている)

<関連情報>

新型コロナ感染症の疑いなどの相談・連絡先について

(新型コロナ感染症にかかった場合の連絡先や行政の対応を掲載しています)

厚生労働省 (全国版)

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19-kikokusyasessyokusya.html

大阪府

http://www.pref.osaka.lg.jp/iryo/osakakansensho/corona-denwa.html

大阪市

https://www.city.osaka.lg.jp/kenko/page/0000490878.html

出入国等の情報

 

http://www.moj.go.jp/isa/hisho06_00099.html

大阪府緊急事態措置延長にともなう全面オンライン授業延長のお知らせ

2021510

エール学園在校生の皆様へ

エール学園

校長 萩原 大作

 

大阪府緊急事態措置延長にともなう全面オンライン授業延長のお知らせ

 

大阪府の緊急事態措置の期間が531日までに延長されました。本校においても学生の混合授業を停止し全ての授業をオンライン授業としていますが、全面オンライン授業の実施期間を延長することとします。

延長の期間は緊急事態措置の解除の時期までを目安とし、解除の通達が来た段階での大阪府下の状況等を考慮して再度検討し決定することとします。

 

 なお、大阪府下において現在コロナの変異株が猛威を振るっています。学生の皆さんは、これまで以上に感染予防を徹底してください。

以下注意事項をまとめましたので、確認をお願いします。

 

1 登校について

 証明書の申請、教科書配布、メンターとの面談等での学校への登校を可能とします。登校の時には、校舎へ入るときに必ず検温、消毒をお願いします。発熱、せきなど風邪の症状がある場合は、登校はできません。すぐに病院の診断を受けてください。

2 授業について

① 授業はすべてオンラインとなります。授業は自宅で受けてください。

② 自宅のPCWiFiが故障するなどに限り、かならずメンターへ連絡して、学校の教室で授業を受けることを許可します。授業終了後はすぐに帰宅してください。

③ コロナ感染で陽性となり自宅隔離となったときは、自宅での静養を優先してください。隔離中のオンライン授業参加は認めません。

 

3 日常生活についての注意

① 十分な栄養と睡眠をとって、毎日体温測定をして、健康管理に注意してください。マスク着用、手の消毒・手洗いをしっかりとお願いします。

② コロナ感染の疑いや濃厚接触があった場合は、保健所に連絡し、その指示に従ってください。また必ず学校へ連絡をしてその指示に従ってください。

③ 食事、会食についての注意

・宴会や飲み会は止めてください。誘われても断ってください。

・公園、路上でも集団の飲酒は禁止します。

・数名でも飲食しながらの会話は避けてください。「マスク飲食」をお願いします。

( 食べるときだけマスクを外し、会話の時はマスク着用)

・ 箸やコップは使い回わさず、一人ひとり専用のものを使ってください。

・ 座の配置は斜め向かいにしてください。( 正面や真横はなるべく避ける)

 

④ アルバイトについての注意

・アルバイト先ではかならずマスクを着用してください。

・休憩時の食事について会話せず「マスク飲食」をお願いします。

・三密は避けてください。(密閉・密集・密着)。作業場所の換気、人との距離に自分から注意してください。

・万が一コロナ感染した場合は、アルバイト先にも必ず連絡をすること。学校にもそのことを報告してください。

⑤ 同居人がいる住居での注意

・同居人と感染防止について話し合い相互に注意喚起をしてください。具体的には以下のことを話し合ってください。

 ・同居の形に応じて共同場所を十分な換気をする。清潔にする。消毒をする。

  例)台所利用後の消毒 トイレの消毒など

 ・毎日の検温をし、報告しあう。

 ・体調不良や風邪に似た症状が出た場合は、自宅でも皆がマスクを着用する。

 ・同居人それぞれがコロナ対策をしっかりし、それぞれの日常の行動について注意しあう。

  例)同居人が宴会に行くと言ったら、止めてください。

・タオルの共有や 回し飲み等は禁止です。
・体調が悪い人は、一人で食事をしてください。  

・ゴミは密閉して捨てましょう。

( 鼻をかんだティッシュなどにもウイルスがついている)

 

以上

 

 

© 2019 EHLE INSTITUE OF OSAKA.