2022年4月よりの授業運営方針について

2022年3月23日

学校法人エール学園
校長 萩原大作

 

 

2022年4月よりの授業運営方針について

 

エール学園新入生、在校生、教職員各位

 

新型コロナのまん延に伴う「まん延防止措置」が全国で3月22日に解除になりました。しかしながら、感染状況は高止まりしている状況で、引き続き感染防止の基本的な対応を継続し、学生、教職員の健康を守りながら授業を運営しなければなりません。ついては以下の方針で2022年4月より授業の運営を行います。

 

1 当面の間、オンライン授業と対面授業を組み合わせた「混合授業」とします。

  • クラスの在籍人数を制限するためオンラインと対面を組み合わせた授業を「混合授業」と呼びます。クラスの半数はオンライン授業、半数は対面授業を同一授業にて実施する授業形態です。クラスごとに登校、オンラインのグループに分け、交互に登校する形となります。このグループ分けでいつが登校日かオンライン日かは各学科よりお知らせします。

 

2 混合授業の授業出席のルールを守ってください。

① 対面授業の日は学校に登校して授業を受けます。指定された日には必ず学校への登校で授業を受けてください。オンラインでの参加は認めません。欠席とします。

 

② オンライン指定の日には自宅にてオンラインで授業の参加をしてください。オンラインの学生はZOOMにて授業を受けます。オンライン指定日は学校での授業参加は認めません。欠席とします。ただし自宅のWIFIが故障するなどの場合は各学科の教務に相談をうけ、その指示に従ってください。

 

③ 対面授業参加は学生の義務ですのでオンラインのみの授業参加は原則認めません。ただし以下のものは特例にてオンラインのみの授業参加を認めます。

  • ・新入生で日本への入国に制限をうけ海外または隔離場所にてオンライン授業に参加する学生。ただし在校生の一時帰国の場合の母国からのオンライン授業参加は原則認めません。授業期間中は日本に滞在することが原則です。
  • ・コロナ感染または濃厚接触者として保健所より来校に制限のかかる学生。
  • 感染により持病が重篤化する可能性があり特別に医師の診断書及び保護者の同意書が提出された学生で、自主的に自宅で隔離し外出を制限する者。オンライン授業だけを受けている状況で、アルバイトに参加することは認めません。定期的に自宅隔離の状況をビデオ電話で確認します。

 

④オンラインで授業を受ける場合の以下を守ってください。

  • ・オンライン授業を受ける環境の整備を必ずしてください。デバイスはPCまたはタブレットの準備をしてください。WIFI環境の準備をしてください。
  • ・オンラインで授業を受ける時は必ず顔を出してください。また、先生に呼ばれた時に2回呼んでも返事がない場合は欠席の処理を行います。

 

⑤登校時の感染防止の対策をお願いします。

  • ・マスクは必ず着用してください。
  • ・入校時に検温、消毒を必ずしてください。
  • ・お昼休憩での食事は「黙食」をお願いします。マスクを外しておしゃべりは厳禁です。
  • ・学校では飛沫防止の机のガードを設置します。大切に扱ってください。
  • ・熱がある人、咳などの風邪の症状がある方は授業に参加できません。登校してはいけません。またオンラインで授業を受けることもできません。調子が悪い人は自宅で休養するか病院へ行ってください。

 

3 授業以外での登校について

  • 証明書発行、面談などの個別の登校は可能です。授業時間外の自習室での自習については各学科の指示に従ってください。

 

4 原則的な全面登校の授業の実施の時期

  • 社会の状況を勘案し、時期がきたら全面対面授業へと移行します。これは学校より再度アナウンスをいたします。

 

以上

© 2019 EHLE INSTITUE OF OSAKA.